• 2014.1.15
  • 体毛の仕組み はコメントを受け付けていません。

体毛の仕組み

体毛とは、今生えている毛だけだと思われていませんか?

実は今生えている毛は、本来の毛の量のたったの3分の1なのです!!

そのため今の毛の量の3倍が本来の自分の毛だということです(-∀-`; )

一般的に体毛は、約500万本あるといわれています。目に見えて生えている毛はそのうちの130万本~140万本です。

では残りの毛は・・・?

残りの毛は皮膚の中で、眠っているのです。これを休止期と呼びます。

毛には生えるサイクルがあり、休止期の毛が成長期になり生え始め、成長が止まると退行期になります。そして最後に毛が抜け休止期になります。

このサイクルで毛は生えたり、抜けたりを繰り返しています。

今見えていない3分の1の毛は休止期でいずれ、今生えている毛と生え変わっていくんですね(;´Д`A ```

 

035

 

.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・

 

脱毛をする際には、体毛についても良く知っておいた方がよいでしょう(・∀・)

 

★体毛に関するプチ知識★

—毛幹

体毛と呼ばれている肌表面から出ている毛です。

ー毛包

毛幹全体を包む組織です。

ー毛孔

毛穴のことです。

ー毛根

皮膚の中にある毛組織全体を指します。

ー毛球

毛根の最下部にあります。

ー毛母細胞

体毛の元とななり、毛母細胞が分裂することで毛が成長します。

ー毛乳頭

毛母細胞に栄養分を送ります。

 

聞いたことある名前も多かったのでは(*’-^)?

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る